つい触ってしまう女性の髭

つい触ってしまう女性の髭

男性であごを触りながら話す人を時々見かけますが、あれはかっこいいと思っているのでしょうか?自然にそうなっているのでしょうか?

 

でも、女性が同じようにそうなっていたら、ちょっと変だし、髭生えて処理しているのだなってバレバレですよね。しかも、知らない間につい触ってしまう女性もいると思います。

 

女性の髭は産毛ではなくなったから髭と言っています。つまり、男性のように太く剛毛な毛が生えてくるまで電気シェーバーで剃り続けたか、毛抜きで抜いていたかなのでしょう。
髭は剃ってメイクすればなんとか隠せると思いますが、それでも難しい人。

 

夕方になったらすごく伸びている人なんかは、夕方になるとちくちくしていないか、つい触って髭が生えているかどうか確認してしまいますよね。
でも、それをしたら、せっかくメイクで隠しているのがはげてしまうので、やめた方がいいです。といっても、知らない間に触ってしまうのだから仕方がないですよね。

 

そこで、永久脱毛してはいかがでしょうか?永久脱毛は医療脱毛で医師の免許を持っている人が開業するクリニックですが、毛の生える周期に合わせて、光かレーザーを照射します。それで破壊された毛根はもう毛を生やすことができません。

 

つまり、毎回クリニックに行ってレーザー照射をするたびに薄くなっていくのですから、朝剃った髭が夕方にまた現れたりしないようになります。しかも生えてきても細くて弱い毛の先がちっちゃい髭(もう産毛といってもいいかもしれません。)が生えますから、チクチクが気にならなくなります。

 

つい触ってしまっても、ちくちく生えていなければ、自然と触ってしまう癖もなくなると思います。さらに、レーザー照射をしながらも、抑毛効果のあるスキンケアクリームやローションなどで、皮膚に直接女性ホルモンと同等成分を塗りこみます。

 

もちろん医療脱毛ですから、そこでもらうクリームやローション、自分で選択できるコスメなども売っていると思います。
それでも、クリニックで処方されたもの以外は使ってはいけないと言われなければ、朝晩のスキンケアに取り入れるのは賢明だと思います。

 

さらにサプリメントで、食事では摂取できないイソフラボンを摂取する。飲み物はザクロエキスなどで、女性ホルモン同等成分を摂取する。

 

上記のことを着実にしていけば、電器シェーバーで剃る回数も少なくなりますし、ついあごや鼻下を触ってしまう癖もなくなると思います。

 

⇒女性のひげ用クリームがあるって知ってましたか?