乾燥が原因でノリが悪い時

乾燥が原因でノリが悪い時

どうしても乾燥をするとお肌にカサつきが出てしまいます。
寝る前のケアとして美容オイルを使うようになってから、カサつく範囲もかなり狭くなりました。
本当に一部なのですが、それでも解消をさせることは難しいようです。

 

ファンデーションのノリが悪いなと感じる時、大抵乾燥が激しい時なので乾燥の対策をしなければいけないなと思っています。
ワセリンを含んでいるクリームを使うこともありますが、ワセリンを使うとベタつきが気になってしまいます。

 

そこで思い切ってファンデーションを変えてみました。
パウダリーにしているから毛穴が目立つような仕上がりになってしまう、ムラができてしまうのだと思いました。

 

パウダリーではなく、ゲル状のファンデーションに変更をしてみたところ、ノリの悪さはある程度解消をすることができました。
完全に解消をさせるためには乾燥対策をしっかりと行う、ということが必要だと思うのです。

 

ファンデーションにも美容成分が含まれていたり、潤いを与えることができる成分が含まれていれば、ノリの悪さも解消させることができるのかもしれません。
ゲル状のファンデーションを使うようになってから極端にノリが悪い日はなくなったように思います。

 

 

ファンデのノリが悪くて困った体験!

妊娠・出産を経て、慣れない子育てに追われている毎日を過ごしていました。
慣れない子育てに追われている毎日で、以前のようにしっかり睡眠を取ることができなくなったため、体にさまざまな変化がありました。

 

さまざまな変化の中でも、一番の悩みが顔の肌が荒れてしまったということです。
肌が荒れやすくなってしまったので、毎日のスキンケアをよりしっかりと行っているつもりでしたが、なかなか肌質が改善されることはありませんでした。

 

子育て中は、子供の用事で何かとお出かけする機会も多く、お出かけの際には肌荒れを隠さなければという思いからしっかりとファンデーションを塗ってお出かけしなければいけない状況になっていました。

 

ですが、いつものようにファンデーションをしっかり塗っても、肌荒れのせいでファンデーションのノリがイマイチよくありません。
その時に初めて、「本当に睡眠って大切なんだな…。」と改めて実感しました。

 

それから子育ても少しずつ落ち着いてきた頃、少しではありますが睡眠をしっかりと取ることができるようになりました。

 

肌荒れも少しずつ改善され、ファンデーションのノリも以前のように良くなっていきました。
これからも、毎日のスキンケアをしっかりと行い、良い睡眠を取るように心掛けたいなと思います。

 

 

一番はスキンケアが大事

私はよく粉が吹いてしまったり、うろこのようになってしまったり、ファンデーションを使用した時点で「今日は化粧のノリが悪いな」ということがいつもわかります。

 

何が原因なのかとかなり模索して考えた結果、私は洗顔と洗顔後のスキンケアの保湿が間違っていたことに気づきました。まず自分は「乾燥肌」と思っていたのですが実際には「脂性肌」だったんです。

 

この時点で脂のせいで化粧崩れを起こしていたことに気づきましたし、毛穴が目立ってしまっていて全くファンデーションのノリはよくなかったです。スキンケアの方法を脂性肌用のさっぱりしているものに変え、あまり前と比べてベタベタ塗らないようになりました。これだけでもすぐに化粧崩れを起こしたりファンデーションのノリは変わりました。

 

またファンデーションは絶対に厚塗りにはしないように注意をしております。最近はスポンジを使用してファンデーションを使用しているので均等になり、厚塗り感がでることはなくなっております。

 

やはり土台が一番私は大事だなと思っていて、土台がしっかりとしていないとファンデーションを塗ろうが下地を塗ろうが汚い肌になってしまいます。スキンケアをこれからもしっかりとしていきたいです。

 

関連ページ

体質の変化によってあわなくなったもの
ファンデのノリで悩んでいる女性は口コミなど参考にしてみてください。